Welcome to the Home Page of Dr.Y.Saida
         
登り損ねが気になるので七ツ森へ三度目の山行を行い、初日に松倉山、二日目に鉢倉山と大倉山に登って、全山完登を果たしました。
9月末の笹倉山はまだ夏山の雰囲気だったのが10月中旬には秋の盛り、さらに今回は晩秋から初冬の雰囲気に変わっていました。(11/12-13)
笹倉山の北撚りに隣接している七ツ森のピークの全てを2日でカバーする目的の山行を行いました。 コロナ籠もりの後遺症で思うように歩けず、初日は撫倉山のみ、二日目はたがら森、遂倉山、鎌倉山に登れただけで終わり、松倉山、鉢倉山、大倉山を登り残して終わったのですが、北の山のきれいな山林、変化に富んだ微地形、仙台平野や牡鹿半島の展望など、愉しい山歩きができました。(10/15-16)
かねてより気にかかっていた山寺立石寺を拝観に行ったついでに仙台北郊にある笹倉山に登りました。 標高500m あまりの小低山ながらとても姿の宵山で、美しい山林に覆われ、仙台平野への素晴らしい展望が得られました。(9/28)
記録破りの炎暑で夏バテ気味にになっていましたがようやく涼しい風が吹くようになってきたので彼岸の墓参のついでに群馬吉井の八束山に登りました。 蜘蛛の巣が多いのに閉口しましたが誰もいない静かな山をゆっくり歩き、衰えた足腰のリハビリを行いました。(9/19)
カメラ弄りの締めくくりにあたり、Fujifilm X-T3(2019年3月に ) を購入したら交換レンズが自己増殖し、標準と望遠ズームのほかに等倍と1/2倍マクロ、18mm(=28mm)と23mm(=35mm)ワイドと数が増えたのを有効に活用しようと、X-Pro3 ボディを購入(1/29)しました。
X-T3 がモデルチェンジ。ブレ止め内蔵型の X-T4 が出たので乗り換え(5/21)たら、60mmマクロで撮った花の画質が格段に良くなりました。
さらに鳥を撮影するために購入した 100-400mm 超望遠ズーム(中古 10/10)が生成した画像の素晴らしさに感激。 これとの相性が良さそうに思える 16-80mm ズーム(中古 11/19))も購入してしまいました。
このページ5年ぶりのパソコン記事です!
9月に着手した Ryzen5-3600 自作機のセットアップが12月になってようやく完成したので、ハード組み立てからアプリのセットアップまでの記録を"終活モデル パソコンの自作" として公開しました。 今回の自作では幾つかのトラブルと遭遇したので、それれらの対策とを含み、 Win10 PC 自作に役立つノウハウを詳しく書きました。(12/25)
7年ほど前から、スイス生まれの Windows ファイルマネージャ Total Commanderの日本語メニューのサポートを行っています。
一見古臭く見える GUI の背後に長い年月に磨き上げられた精緻な機能が満載で、適切なセットアップさえできればパソコンの快適操作に不可欠なツールになること請け合いです。 2月5日に正式リリースになった V9.50 は一段と機能が充実し、さらに熟成度が上がりました。
また、Android 用2ウインドウファイルマネージャ Android 版 Total Commander のメニューの日本語化も提供し、随時アップデートも行っています。 WiFi経由PCとのファイル交換、クラウドストレージへの接続、メディアプレイヤー機能など、とても便利ですよ。 (2018/5/22)
川崎市宮前区、1936年生まれ。 今でもPCを組み立てたり、山を歩けたりできるのが不思議です。 →少し詳しい自己紹介
English Section of this site has-
  Introduction  Home Made PCs and Windows-Linux LAN and so on.
サイト内検索 powered by Google    
[パソコンのお話]
Ryzen5 Windows10 自作機 (2019/12/25)
多種OS味見専用機の自作 (2014/3/29)
大人の Android アプリ(改) (2013/5/18)
Android 機の root化   (2013/1/1)
Android タブレットの味見 (2012/6/1)
A6-3650 Ubuntu自作機 (2012/4/30)
E-350 APU搭載 Ubuntu自作機 (2011/7/20)
ファイル共有にも使える NAS (2011/7/19)
Inkscapeで散策ルート地図を描く (2011/4/5)
Atom330-Ubuntu 自作機(改) (07/10)
GPS スライド・アルバムの作り方 (06/25)
Win7+PhenomII X2 常用機 (03/24)
Win7+AthlonX2 自作サーバ (2010/01/13)
私の愛用ソフト (2009/07/22)
Ubuntu ノート Wireless LAN (2008/06/05)
Window/Ubuntu 二刀流自作機 04/02)
Ubuntu Linux で遊ぶ  (11/22-1/30)
フリーのトーンカーブとRAW現像 (3/20, 4/9)
音楽を演奏するLANサーバ (2007/01/15)
USBポータブルシステム  (2006/11/27)
"PhotoFiltre"の紹介 (2006/02/17)
"冷静"コンパクトPC (2005/10/16)
自作PCとホームLAN  (08/18)
"冷静"パソコン2号機  (07/12)
A/Vパソコンの自作
クールで静かなPCの自作
画像ソフトIrfanview
ハードディスク頓死す!
LPレコードをCDに
Linux/Windows 混成LAN
Turbolinux 10D 導入記
パソコン安全運転法
コンピュータとの長ーぃお付合い
   
[歩いて病に克つ] -リハビリの元は気力
胃癌(2/3切除)
椎間板ヘルニア


ご連絡はこちら

[最近の山行記録]
    (Y):Yamareco  (G):G-Map/Photo
七ツ森 鉢倉山・大倉山 (Y) (11/13)
七ツ森 松倉山          (Y) (11/12)
七ツ森 たがら森など    (Y) (10/16)
宮城七ツ森 撫倉山     (Y) (10/15)
仙台北郊 笹倉山        (β版) (9/28)
群馬吉井の八束山      (β版) (9/19)
平泉の寺と遺跡探訪    (β版) (7/30-31)
多賀城碑と多賀城跡    (G) (7/17)
阿夫利神社-大山-蓑毛  (β版) (6/29)
大山見晴台から日向薬師 (β版) (6/15)
頭高山-八国見山-震生湖(β版) (4/11)
富岡-吉井北部歴史探訪  (G) (3/22)
富士見塚-かりがね松   (β版) (3/9)
曽我山-いこいの村   (β版) (2/19)
三河・渥美山巡り        (β版) (2/06-08)
那須国造碑・侍塚古墳群   (G) (2/01)
衣張山-名越切通-大崎公園(β版) (1/20)
前丹沢 権現山-弘法山    (G) (2020/1/2)
瀬戸内島山巡り[2]       (β版) (11/13-16)
三河宮路山と伊良湖岬     (G) (10/17-19)
横手山-芳ヶ平-草津      (β版) (9/5-6)
志賀高原 横手山-草津峠 (β版) (8/5)
大磯 鷹取山-霧降りの滝  (β版) (7/10)
赤城 銚子の伽藍と地蔵岳 (β版) (6/2-3)
桐生 鳴神山-吾妻山     (β版) (5/4-5)
ワットパクナム日本別院     (G) (4/13)
生口島 観音山         (β版) (4/31)
大三島 大山祇神    (G-Photo) (4/30)
倉橋島 火山         (β版) (4/29)
江田島 クマン岳-古鷹山  (β版) (4/28)
宮島 弥山・厳島神社      (β版) (4/27)
広島城・平和記念公園     (β版) (4/26)
芸予諸島山巡り[目次]    (β版) (4/26-31)
群馬吉井南西部の史跡     (G) (3/1)
池子の森から逗子へ       (β版) (2/26)
川崎・横浜市境の探訪       (G) (2/14,18)
番場ガ谷-天園-明王堂     (β版) (2/2)
朝夷奈切通-六浦御伊勢山  (G) (1/24)
金沢動物園から天園・鎌倉宮(β版) (2019/1/3)
相模国分寺と海老名の史跡 (G) (12/28)
金沢文庫-金沢山・称名寺  (G) (12/21)
円海山-金沢動物園-能見台(G) (12/19)
三浦 小網代の森-油壺     (G) (11/26)
会津若松背炙山など        (G) (10/29-31)
会津三観音・勝常薬師など  (G) (10/28-29)
会津 低山・寺社巡り (6/13-16)
[過去の山行記録]
     
2020
2019 2018 2017
2016 2015 2014
2013 2012 2011
2010 2009 2008
2007 2006 2005
2004 2003 2002
2001 2000 99-86
 もっと昔の山の写真

大峰奥駈道 (2003-2005年に完歩)
熊野古道(小辺路、雲取越、中辺路、伊勢路)
歴史と展望の山(古い blog の引っ越し先)


  本サイトでは事実に基づく正確な情報の提供を心がけていますがそれらを利用したことによりいかなる損害が生じようとも一切の責任を負いません
(   Y. Saida.)